×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、
直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。
「私は子猫を殺している」というのである。坂東さんの掲示板では、
06年8月19日にエッセイのコピーが書き込まれてからコメントが突如急増し始め、
坂東さんへの批判が怒号のごとく続いている。

騒ぎになっているのは「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」
という文章ではじまる「子猫殺し」と題されたエッセイ。

タヒチに住んでいる
坂東さんは、家の隣の崖の下の空き地に、子猫が生れ落ちるや
いなや放り投げている
という。

「社会に対する責任として子殺しを選択した」

「子猫殺し」が掲載された2006年8月18日付け日経新聞。ネット上は糾弾の声で溢れている。

内容は以下のとおりだ。

猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の
責任だといっても、それも飼い主の都合。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」。そもそも、「愛玩動物として獣を
飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、
自然のなかで生きることだ」。人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが、
「飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」。

最後は、

「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」

と締めくくられる。

坂東さんの「どんなに糾弾されるかわかっている」という予想通り、エッセイへの批判や
怒りがネット上で噴出している。